世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

仮想通貨元年 ビットコインバブル来たる 乗り遅れたら損 あなたがやる事とは?

ノンカテゴリ

仮想通貨元年 ビットコインバブル来たる 乗り遅れたら損 あなたがやる事とは?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

仮想通貨(ビットコイン)って聞いたことありますか?正式には暗号通貨と呼ぶのですが日本では、仮想通貨で通っていますけど。

「えっ 名前は聞いたことがある?」

ではFinTechはご存知ですか? ファイナンシャル テクノロジー 金融革命のことですが その勢いが今ものすごいスピードで押し寄せています。

「そんな 難しい事はわからない?」

では、わかりやすく言うと 暗号通貨は今でこそだいぶん知れ渡りましたが、
でも大多数の人が

「何それ?何か怪しい。」

「そういえば数年前どっかの取引所が潰れて大事件になった.」

というような記憶があり、だから怪しいと思う人が多いと思います。

数年前にマウント・ゴックス社という取引所が潰れて社会を賑わかしました。
でもそれは誤解で、一つの取引所 両替所が潰れて無くなったに過ぎず
仮想通貨自体には何の問題もないのです。いわば銀行一つが無くなったのと同じということです.


日本人は、排他的というかよくわからないものに対しては、確かめもせず 怪しい 胡散臭いとレッテルを貼ろうとしますが、固定電話から携帯  インターネットが出た時も

「そんな難しいもの流行っるわけない」とフタをした人もたくさんいましたが、
出る杭は打たれるもの今ではなくてはいけないものになってしまいましたね。

何か新しいものが生まれるときというのはそんなものですね。

でもこれが18世紀の産業革命 インターネット革命 に次ぐ第三の革命と言われているのです。

「そんな大袈裟な」と思う人もいるかも知れませんが

長年続いた お金の概念が変わろうとしているのです。金本位制が揺れ動こうとしてる歴史的な時代な訳です。

大昔は売買に物々交換や石のお金だったのが
貨幣が生まれこれは便利だと普及し現代に至りました。

便利にはなりましたが でも今では決済するのに 特に海外送金するのには不向きでどうしても高い手数料と時間が必要でした。
海外なんて普通に1割とか そして1週間くらいかかります、日本は恵まれているのであまり感じないでしょうが、海外出稼ぎの人なんて大変です。


そこで現れたのが暗号通貨と呼ばれる 政府も銀行も介さない 
ブロックチェーンと呼ばれる技術の 信用取引
全員が証人となる通貨の事です。言うなれば昔やった 人生ゲームのその中で使えるお金の事でポイントカードや電子マネーに似てるといえばイメージがわくと思います。 

そしてそれは中央機関が存在せず 分散型記録方式で
ひとつひとつのコインにやり取りが記録され 不正ができないようにされている
P2Pと言われるブロックチェーンシステムなのです。
手数料もわずか数% そして数分で送れてしまいます。


そして発行枚数が限られているので 中央銀行のようにお金が足りないから
刷ろうとかいうことができないので
欲しい人が増えれば それだけ価格が高騰するわけです。


そしてその基軸通貨と呼ばれるのが ビットコインでナカモトサトシと呼ばれる人物が
投稿したのが元とされているようで2009年に運用が始まったとされています

当時1ビットコインが1セント以下のレートで2枚のピザを1万ビットコインで取引成立させたのが始まりで
今や 1ビットが10何万円もするようになり 100万倍以上というもはや意味不明な高騰をしてしまったのです。
だから世界でビット長者という億万長者が続出してしまったのです、
わずか10ドル両替して 忘れてた人が数年後に思い出して見てみると
億万長者? 驚きの世界ですよね。

と、色々と暗号通貨 ビットコインの可能性を述べて来ましたが、
間違いなく時代は暗号通貨の時代に入って来ています。


そして 今後新たな暗号通貨が世に出てきて これを投資目的として参入する 億万長者が
たくさん輩出されるのも事実でしょう。

そういう人にとってはまさに貨幣の歴史の大転換である数百年に一度の革命的歴史が変わる大チャンスを迎えようとしているのです。

この事実に気が付いて下さい。

先行者利益という言葉がありますが、かつてゴールラッシュという時代がありました、それに早く気がついた人が巨万の富を得る。ビットコインコインは金の価値を上回ったという 報道もされています。

ただ知ってるか、知らないかだけの違いです。 




あなたも今後自分の人生を明るいものに変えていきたいのなら 先ずはビットコインを持ってみませんか?もうすぐ生活の一部となるでしょう。
日本も通貨と認められ、お店での支払いや決済に使えるように企業も参入してきています。
私の周りにもそれで稼いでいる人たくさん知っています。

ということで
稼ぎ方は色々ありますが先ずあなたがやってもらいたい事は、円とビットコインを交換してみましょう。

そこからスタートですね、今後いろんな所で役に立つのはもちろん 今後の資産形成に十分な役割を果たしてくれるでしょう。

先ずはここから学んでみようビットコイン

仮想通貨ビットコインついに”金”1オンス価値を上回る|デジタルゴールド資産時代
仮想通貨ビットコインの高騰通知が昨夜から鳴り響いていました。勢いとどまるところを知らず、「金」1オンスあたりの価格を上回りました。”史上初”と各誌が報じ盛り上がっています。今朝も取引所によっては15万円の買値です。価格は大事ですが、それよりも必要なことは、今後「デジタル資産の時代」が到来するであろうということ。私たちが明らかな認識をすることかもしれませんね。
史上初めて、1 bitcoinの価格が金1オンスの価格を上回った。



金の1オンス(約28.3g)あたりの価格は140,960円
ビットコイン 1BTCの買値は平均値で148,028円

仮想通貨ビットコインが1オンス金を超えました。

現在4日の朝は150,000円を超えている取引所もありますね。
昨夜はビットコインが高騰するたびにお知らせメール通知が、
数回届き値上がりが続いている様子を察知できる状況でした。

出典 http://virtualmoney.jp

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

分散型のシステムは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、(一つの場所にデータを置かないようにして)壊すことができないネットワークを作る技術です。その分散型のネットワークを認証システムをすれば、中央集権が不在でも信憑性のある合意を達成させることができます。

分散型システムを止めるには地球全体を壊滅させるほどの隕石が宇宙から降ってくるか、全世界の機械類が同時に破壊されてしまうほどの大規模な太陽風に襲われるかぐらいの災害が起きる必要があります。

なぜなら、データを保持する全てのパソコンを壊さなければ、ブロックチェーンは複製しながら復活することができるからです。

銀行や証券会社などの従来型の取引

従来型のスキームでは、中央管理者が取引台帳を管理しており、全ての取引はそこを経由して行われる。その際、利用者は銀行や証券会社などの中央管理者を信頼すればよく、取引相手を信頼する必要は無い。

しかし、中央管理者は信頼に足る業務とシステムを運用しなければならないため、そのコストは取引時の手数料として利用者に転嫁される。

ブロックチェーンによる分散管理

一方、ブロックチェーンによる分散管理では、参加者それぞれが取引台帳を管理する。取引が行われた際には当事者がその事実を全参加者にブロードキャスト(同報送信)し、受信者は自分の取引台帳にその内容に反映する。

もし参加者全員が正直者で、かつ通信ネットワークも理想的なものであれば、全参加者の取引台帳の内容は常に一致しており、問題は生じない。

しかし現実には、悪意を持った参加者が相手を騙して利得を得ようと偽の情報を送信する、ネットワークによる通信遅延が起こる、通信遅延を悪用して不正を働こうとする、などの問題が起こる。

このような悪意を持った攻撃を想定し、ブロックチェーンでは分散管理していた取引台帳に対して「作業証明(Proof of Work)による台帳の正当性の証明」を行うことで、不正な取引を排除し、安全な取引が行われる。

ビットコインが成功した背景には、この「作業証明(Proof of Work)による台帳の正当性の証明」と「採掘者による台帳の維持管理作業へのインセンティブ付与」が大きく関わっている。

出典 http://thefinance.jp

未来の通貨 お金の概念が変わる

コインチェック登録方法

twitter まとめ

コインチェック
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは