誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

大発見!NASAが地球に似た7つの惑星を発見 生命の可能性も?

ノンカテゴリ

大発見!NASAが地球に似た7つの惑星を発見 生命の可能性も?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
 
この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。

今回の観測は、ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)とNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡によって行われました。TRAPPIST-1のサイズは木星より少し大きい程度で、質量も太陽の8%しかありません。そして、その周りを7つの系外惑星が周回しています。
 
TRAPPIST-1は非常に暗い恒星で放出するエネルギーも少ないのですが、惑星が非常に近くを周回しているためにハビタブル惑星が存在しています。系外惑星はTRAPPIST-1に近いものから「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、恒星から太陽と水星の間に収まるほどの距離を周回しています。
 
TRAPPIST-1b、c、d、e、f、gは岩石からできており、そのうちb、c、dは恒星から近すぎて液体の水を保持するには高温すぎます。そこで、TRAPPIST-1e、f、gがハビタブルゾーンに存在することが判明したのです。また、これらの惑星には水の海が存在する可能性もあります。
 
今後、TRAPPIST-1とその系外惑星はハッブル宇宙望遠鏡、それに今後設置される欧州超大型望遠鏡やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡によって観測が予定されています。これだけ多くのハビタブル惑星が宇宙に存在するのなら、そのうちの1つぐらいには宇宙人がいてもおかしくないかもしれませんね。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

わかりやすく解説

英語に自信がある方はどうぞ

twitterの声を聞いてみましょう

どうですか、あなたが子供の頃に描いてきた夢が また一歩近づいてきた気がしませんか?

7つの惑星の大きさは、地球の76%〜113%と大差ないそうで岩石でできているみたいです。

恒星から近い順に「TRAPPIST-1b」〜「TRAPPIST-1h」とアルファベット順に名前がついていて、e、f、gの3つの惑星は、水が液体として存在しうる「ハビタブルゾーン」に位置しているそうです。
そして液体が確認できれば 生命の存在も間違いないだろうということで
やはり第2の地球を求めているのでしょうか?

そうすれば資源なども発掘することも 住むこともできるかもしれませんね
しかし39光年って?

わりと近いとは言え約40年かかるのですよ、これはやはりワープして行かないとたどり着けないでしょう もしくは冷凍冬眠?
映画のように早くそんなの出来れば良いですけど、理論上どうなのかな?

人類はこれからどんどん 宇宙に出ていくのでしょうか?
スペースコロニー計画があるという事は聞いたことがありますが
地球に住めなくなったら、もうそうするしかないでしょう。
そんな時って やはり選ばれた人お金を持ってる人なのかな?


もうそんな事を考えて研究が進んでるのかもですね。

私達の地球 後世の為に大事に残していきましょう。

7つの惑星
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法